自分に合った物を選ぶ|専門クリニックで受けられる膣引き締め治療|膣トレで元気に

専門クリニックで受けられる膣引き締め治療|膣トレで元気に

自分に合った物を選ぶ

悩むレディ

デリケートゾーンは、身体の中でも特に皮膚が薄いので、傷つきやすいです。そのため、肌に合わないナプキンを使用すると、かぶれてしまいます。また、吸収力が弱いナプキンにも注意したほうが良いです。吸収力が弱いと、経血がナプキン上に残ってしまい、かぶれの原因になってしまうのです。ですから、自分の肌に合ったものを選んで、かぶれや肌トラブルを防止することが大切です。生理が終わってもかぶれが治らない場合は、感染症にかかっている可能性があります。カンジダ膣炎にかかる女性は多く、かゆみや腫れなどの症状があり、見た目にも異変が現れます。他にも、トリコモナス膣炎や毛じらみなどの感染症もあるので、注意しておきましょう。

現在使用しているナプキンがかぶれの原因になっている場合は、さまざまな種類を試してみることが大切です。使い捨てのものは、ポリエステルやポリプロピレンなどの素材が使われています。これらは経血の漏れを防ぐ効果があるのですが、通気性が悪いので、蒸れやすくなってしまいます。布ナプキンの場合は、布でできているので通気性が良く、蒸れにくい構造になっています。蒸れにくくなれば、かぶれも予防できるので、布ナプキンを使ってみると良いでしょう。布ナプキンなら、使い捨てのものと違って、自分好みの色や柄を選べるという楽しさもあります。かぶれが長引いている場合は、婦人科に相談することも大切です。デリケートゾーンのトラブルなので、恥ずかしいと感じる方もいますが、感染症の場合は早めに対策する必要があります。